自分にとっての“お買い得”を見つける

中古車を買うときに限らず新車でも
できれば少しでも良い物を安く買いたいですよね。
新車と違って中古車は同じ車種でも
価格はそれぞれ違います。

もちろん、状態や走行距離によっても価格は違うのですが
中古車の価格はどのように決められているのでしょうか。


◆人気によって決まる
中古車の価格を決める要素のひとつが人気です。
人気がある車は高くても買ってもらえるので高くなり
人気がない車は高いと買ってもらえないので安くなります。


◆同じ性能でも
同じ性能のミニバンでもA社、B社、C社では
A社の方が人気があるとA社のミニバンが
B社、C社に比べると高くなります。

メーカーにこだわりが無ければ
B社、C社の車を選べばお買い得ですね。


◆同じ車種でも
車種が同じでもマイナーチェンジ前の方が
年式が古くなるので、その分安くなります。

シートの色やデザインなど少しの差が
気にならなければお買い得ですね。


◆色でこんなに
ボディの色でも白や黒は人気があるけど
赤は人気がないからと安くなっていたりすることも。
時には色によって50万円もの差が!

人気のない色でも気にならないならお買い得ですね。


デザインや色など好みがありますが
これなら気にならない、こっちの色の方が好きという
ところがあればラッキー!
自分の好みや気にならない部分を見つけて
自分なりの“お買い得”ポイントを見つけることも
中古車を安く購入するコツですね。

自動車を買い替えなくても事故を防げる!

踏み間違いの事故は駐車場で多く発生しており
特に高齢者の踏み間違いがおおいようです。

最新技術を搭載した車を購入するためには
数百万円必要です。
高齢でもう今乗っている車で最後
新しい車は購入しないという人も
いるのではないでしょうか。

そんな人でも大丈夫な
今乗っている車につけられる機械もあります。


◆踏み間違いを防止
アクセルとブレーキの踏み間違いによる
急発進を防ぐことができる商品
「ペダルの見張り番」はとても人気があるそうです。

取り付け時間は1時間~2時間で
価格は少し高めかなとも思える約4万円ですが
新しい車を買うよりはかなり
出費を抑えることができますし
事故を起こしてしまったら
4万円では済みませんから
それで事故が防止できるのなら安いですよね。


◆どんな機能?
時速10㎞未満の低速度や停止中に
急にアクセルを踏むと警告音が鳴りゆっくり動きます。
急発進はしないので落ち着いて
ブレーキを踏めば停まることができます。

突然車が横切ってきて
ブレーキと間違えてアクセルを踏んでしまっても
警告音が鳴り急発進を防いでくれます。

ゆっくりとアクセルを踏めば
普通に走行することができます。

アクセルの感度も3段階で調整可能で
ボタンで簡単に調整することができます。

またアクセルとブレーキを
同時に踏んでしまったときは
車が動かないようになります。


対応車種も100種類以上と多いので
車を買い替えるまではちょっと・・・
でもできれば事故は防止したい
と思う人は取り付けを検討してみてはいかがでしょうか。

自動車の最新技術【2】

前回の記事ではスバルのアイサイトについてでしたが
今回はもう少しスバルのお話。


◆レーンキープ
スバルの車には自動ブレーキ機能の他にも
レーンキープ機能という車線からはみ出さないように
指示器を出さずに車線からはみ出しそうになったとき
ハンドルが自動で走行している車線の真ん中に
戻してくれる機能もあります。

指示器を出さないで車線変更する車もいますよね。
突然自分の前に車が車線変更してきたらびっくりしますし
それが事故につながってしまうかもしれません。
指示器を出さなければ車線変更できないのは
良い機能ですね。


◆まだ課題もある
スバルのアイサイトを搭載した車の
追突事故の発生率は84%減少したそうですが
1m以下の小さな障害物つまり
子供や動物などには反応しにくい。
集団で歩いている人なども反応しにくかったりと
まだまだ全てをカバー出来ているわけではありません。


今でも自動ブレーキ機能などのおかげで
追突事故が減少したり事故の件数が減っているのは事実。
これからもっと技術が進歩すれば
もしかしたら交通事故で死亡する人がいなくなる
未来がやってくるのかもしれません。
難しいですが、そうなれば本当に良いですよね。