認定中古車とは?

中古車には「認定中古車」と言われる中古車があります。
文字通りディーラーが「認定」した「中古車」なのですが
普通の中古車と何が違うのでしょうか。


中古車をリフレッシュ
ワンオーナー車、走行距離が少ないかどうかなど
状態の良い中古車を点検しリフレッシュされた中古車は
認定中古車となります。


しっかり点検!
多いところではなんと100項目以上の点検をして
消耗品の交換もする事があるそう。

車検のときの点検項目は56項目ですから
倍ほどの厳しいチェック項目があるんですね。


値段は高め
厳しくチェックされた認定中古車は
その分、普通の中古車よりも価格は高くなってしまいます。
その分長期保証がついていたりして
安心できると言えるかもしれません。


高めで買っても
価格の高い認定中古車を買ったから
必ず故障しないとは限りません。
しっかり点検をしたと言ってもやっぱり中古車ですから
長く乗られている分、故障の可能性は新車よりもあるでしょう。


認定中古車は普通の中古車よりも高めですが
その分しっかり点検されていて長期保証がついていることも。
少し高くても保証がついていたら故障したときも安心ですよね。

普通の中古車でも状態が良ければお得に買うことができますし
認定中古車は少し高くなってしまいますから
同じ車種でも認定かそうでないかで予算オーバーしてしまう
こともあるかもしれません。

安心なのは認定中古車ですが、故障しない保証はないので
そこには注意して購入を検討して下さいね。

中古車を購入するメリット

中古車の魅力はどこか。
新車を買うには余裕がないと思っていても
中古車なら自分の車を手に入れることができます。
同じ車種でも新車よりも中古車の方が安く買うことができます。

新車なら高くて買えない高級車も
中古車なら買うことができるかもしれません。

やっぱり中古車の魅力は安さではないでしょうか。

また、今では売っていない車も買うことができます。
子供の頃に憧れていた車に大人になって買って乗ることもできます。
子供の頃に憧れていて、好きな車を運転する喜びは
免許を取り、車を運転できる
大人になってからじゃないと味わえませんよね!

中古車で車を安く買って
その分カーナビをつけたり他のところにお金をかけて
自分の好みに合った車にしている人も多いのではないでしょうか。

新車で買うとオプションもつけたりしていたら
どんどん高くなってしまいますが
中古車ならより自分好みにすることができますよね。

好きな車に乗って、飽きたら売却して
気軽に違う車に乗り替えることができるのも中古車の魅力。
新車だと飽きたらすぐに乗り替えとはなかなかできませんからね。

多走行車は購入しない方がいい?

中古車を購入しようと考えた時
「走行距離」も気になるポイントですよね。
走行距離が多い車は購入を避けた方がいいのでしょうか。


安くなる走行距離は?
走行距離が5万km、10万kmのとき価格が下がりやすいと言われています。
※この他状況によっても差がありますので、この走行距離は“目安”です。


どうして安くなるのか
これは分かりやすい理由です。
走行距離が多い車は人気がなくて、売れないから。


走行距離が多い車の問題点
長時間の使用で見た目が
塗装が剥がれている、シートの汚れなど
外装、内装が見た目にもわかるほど
劣化している可能性があります。


エンジンなどのトラブル
エンジンやミッションなどこれも長時間使用しているため
走行距離が少ない中古車と比べると劣化している可能性があります。


中古車の中古車?
中古車は複数の人が乗っていて過去に所有していた人が
同じようにメンテナンスをしていたわけではない。

例えばAさん、Bさん、Cさんと3人の人によって乗り継がれている可能性もある。
その3人がしっかりメンテナンスをしていたとは限りません。
それによってトラブルが発生する可能性があります。


走行距離は延び続ける
車は走れば走るほど走行距離が延びていきます。
買ったときから走行距離が多いなら
買ってからもさらに走行距離は多くなっていきますので
売るときの価値は低くなってしまいます。


走行距離が多くても
メンテナンス状態が悪くなければ
走行距離はそこまで気にして避ける理由にはならないんですね。
逆に走行距離が少なくてもメンテナンス状態が悪ければ
走行距離が多い車の方が良いかも?


まとめ
走行距離が多いかどうかは判断基準のひとつではあるけど
メンテナンス状態が良ければ、そこまで気にしなくても良い。

車種や状況によっては走行距離が多いから安くなっている
お買い得な車もあるかもしれません。
気になる車種をチェックして走行距離が多くても
状態が良ければ購入を検討してみてはいかがでしょうか。