MT車とAT車の割合、日本と外国に違いはあるのか

昔はMT車が当たり前でした。
でも今はAT車が当たり前。
いつから変わっていったのでしょうか。


乗用車販売台数のMT車とAT車の割合を見てみると
1985年 ≪MT≫51.2% ≪AT≫48.8%
1990年 ≪MT≫27.5% ≪AT≫72.5%
2000年 ≪MT≫8.8%  ≪AT≫80.8%
2011年 ≪MT≫1.5%  ≪AT≫98.5%


1985年は半分だったのにそこからMTは減り続け
2000年には8%、2011年には1%に。
MT車が0%になってもおかしくないくらい
少なくなってしまいました。


外国のAT普及率は?
アメリカのAT普及率は約90%なので
日本は世界一ATが普及していることになります。

世界的にもAT車は増加しているのですが
増加しているといってもヨーロッパでは
AT普及率の高いドイツでも23%ほど。
ヨーロッパではまだまだMT車が主流のようです。


運転免許もAT限定が増加
運転免許証を取るときもMTとAT限定では
AT限定が少しずつ増えてきています。

2003年 ≪MT≫108万7081人 ≪AT限定≫61万3020人
2014年 ≪MT≫56万2354人  ≪AT限定≫70万5664人


車が好き、運転が好きな人もいるので
MT車や運転免許でMTを取る人がいなくなることはないと思いますが
今後もMT車の運転免許を取る人が少しずつ減っていきそうですね。

自動車の平均使用年数は?

自動車を買い替えるときはどんなときなのか。
故障して仕方がなく買い替えるときもあれば
飽きたから買い換える、欲しい車があったからなど
いろいろな理由があると思います。

私はできるだけ長く同じ車に乗りたいタイプ。
車検や調子の悪い所のことが気になったり
『もう○年も乗ってるし』と思うまでは買い替えません。
その分、今まで乗っていた車とのお別れは寂しいものです。

みんな何年くらいで買い替えているのでしょうか。
一般財団法人 自動車検査登録情報協会のデータを見てみたいと思います。

平均寿命(平均使用年数)
自動車の新規登録から抹消登録が行われるまでの平均年数

1976年 約7年
1991年 約10年
1996年 約8年
2006年 約11年
2014年 約12年


1996年に一度下がったものの
1976年には約7年だった平均寿命が2014年には約12年と
倍近くになっています。


長く乗っていると故障する可能性もありますが
大事に乗っていれば結構長く乗れるものです。
技術の進歩により昔の車よりも
長持ちするようになったのかもしれませんね。
そしてやっぱり、すぐに買い替えてしまうよりも
長く同じ車に乗っている方が節約になるのでしょうか。