中古車購入のデメリット

中古車にはメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。


◆知識を身につけて選ぶ
新車なら品質は同じでも中古車同じ車種でも使用されていた
年数や状況が違うため品質に差があります。
品質の良い中古車もあれば、悪い中古車も。
質の良い中古車を購入するために
しっかりと知識を身につけておきたいですね。

特に修復歴、冠水歴のある車は
購入後、故障する可能性が高いので、なるべく避けたいところ。
このような中古車は価格が安いことが多いので
安いだけで購入を決めずに、なぜこの価格なのか
しっかりチェックしてから購入しましょう。


◆維持費が高い
中古車は新車とは違い、燃費が悪くなっているため
その分ガソリン代が高くなります。
その他、調子が悪くなったら部品の交換など
維持費は新車よりも高くなってしまいます。


◆保障期間は短め
中古車では購入後の保証が無い場合もありますし
保証があっても新車ほど長くなく、保障期間が短いことも多いです。


◆安く買ったら売るときも
中古車は安いのが魅力のひとつですが
安くかった中古車を売却するときは当然高くは売れません。
購入した時点ですでに古い状態。
購入してから年数経ち、走行距離もさらに多くなれば
買取価格は安くなってしまいます。


◆理想の車が見つかりにくい?
中古車はたくさんの種類の中から選ぶことができますが
車種や色、走行距離、予算など自分の探している条件に当てはまる車
となるとかなり限られてくるのではないでしょうか。

条件が多くなればなるほど
自分の理想としている車を見つけるのは難しくなります。

別に焦らないのであれば
じっくり自分の条件に合う車を探せばいいのですが
そうは言っていられない、すぐに車が必要なときもあると思います。
そんなときは妥協しなければいけなくなります。

新車よりは安いとはいえ、中古車でも高い買い物。
なるべく妥協せずに自分の条件に合った車を探した方が
後で後悔しないですし、どうしても見つからず、妥協もできないときは
新車を購入した方が、自分に合った車を購入できますね。

この記事へのコメント