安い中古車の注意点

中古車を販売する前に見た目を綺麗にしようと
カラーコーティングや板金塗装をすると
そのためにかかった費用も
販売価格に上乗せしないと当然儲かりません。
でもあまり高くなると買ってもらえなくなります。


◆安い理由
そうした販売価格の上昇を防ぐために
それなりの修復をして補修費用を抑えている場合もあります。
もちろん修復にかかった費用は普通よりも安いため
その分販売価格を安くして売ることができます。

『安いなら良いじゃない』と思う人もいるかもしれません。
確かに安い方が良いのですが
ちゃんと修復されていない“それなり”の修復だと
買ってから2、3年たった後で、表面の塗装が剥げてきたり
ツヤが無くなったり、見えない塗装の内側から錆びてきたりと
すぐにはわからず、後でいろいろ出てくるのです・・・。


◆場合によってはお買い得?
1年ぐらいで乗り換えたり、転勤などで一時的に乗るだけなら
それでも十分ですし、そっちの方がお得ですよね。
でも中古車を購入して2年、3年、もっと長く乗る人は
安いからといってすぐに購入しない方が良いでしょう。
安い理由はこんなところにもあるかもしれないのです。


◆見極めるために
修復作業がいい加減かどうかは素人にはわかりませんが
そうした車は販売価格が安くなっています。
販売価格が安くなっているかどうか見極めるためにも
購入を検討している車種の中古車相場を調べてみましょう。
相場が分かれば高いか安いか判断することができますよね。

もちろん修復作業の費用の他にも
販売価格を決める要素はありますので
安いから修復作業がいい加減とは決めつけられません。
安いのには例えば人気のない色だからとか
他に理由があるのかもしれません。


色によっても販売価格に違いがありますので
購入しようと思っている車種、同じ色
できるだけ同じ条件で比べてみるほうが良いですね。

この記事へのコメント