多走行車は購入しない方がいい?

中古車を購入しようと考えた時
「走行距離」も気になるポイントですよね。
走行距離が多い車は購入を避けた方がいいのでしょうか。


安くなる走行距離は?
走行距離が5万km、10万kmのとき価格が下がりやすいと言われています。
※この他状況によっても差がありますので、この走行距離は“目安”です。


どうして安くなるのか
これは分かりやすい理由です。
走行距離が多い車は人気がなくて、売れないから。


走行距離が多い車の問題点
長時間の使用で見た目が
塗装が剥がれている、シートの汚れなど
外装、内装が見た目にもわかるほど
劣化している可能性があります。


エンジンなどのトラブル
エンジンやミッションなどこれも長時間使用しているため
走行距離が少ない中古車と比べると劣化している可能性があります。


中古車の中古車?
中古車は複数の人が乗っていて過去に所有していた人が
同じようにメンテナンスをしていたわけではない。

例えばAさん、Bさん、Cさんと3人の人によって乗り継がれている可能性もある。
その3人がしっかりメンテナンスをしていたとは限りません。
それによってトラブルが発生する可能性があります。


走行距離は延び続ける
車は走れば走るほど走行距離が延びていきます。
買ったときから走行距離が多いなら
買ってからもさらに走行距離は多くなっていきますので
売るときの価値は低くなってしまいます。


走行距離が多くても
メンテナンス状態が悪くなければ
走行距離はそこまで気にして避ける理由にはならないんですね。
逆に走行距離が少なくてもメンテナンス状態が悪ければ
走行距離が多い車の方が良いかも?


まとめ
走行距離が多いかどうかは判断基準のひとつではあるけど
メンテナンス状態が良ければ、そこまで気にしなくても良い。

車種や状況によっては走行距離が多いから安くなっている
お買い得な車もあるかもしれません。
気になる車種をチェックして走行距離が多くても
状態が良ければ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事へのコメント