中古車購入のポイント“走行距離”について【2】

◆購入する前に考えておきたい可能性
走行距離が少ない車は価格が安めなのでお買い得に見えます。
確かに場合によってはお買い得なのですが
安い分気をつけたい注意点もあります。

あまり乗られていない車は長い間放置されていた車の
可能性もあります。
中古車販売店で長い間、外で展示されていたり
中古車として販売される前の持ち主が
長い間あまり乗らず屋根のない駐車場に
放置していたかもしれません。

そうした場合雨風にさらされていて
錆びているところがあったり
タイヤもゴムが劣化していたり
そういう可能性も含めて購入を検討しなければなりません。


◆10万キロ超えはなぜ人気がない?
走行距離が10万キロを超えた中古車はなぜ人気がないのか。
それは走行距離10万キロが交換目安になっている部品が多いからです。
あの部品も、これも、あれもと次々ダメになった部品を
交換していたらそれだけいろいろと費用がかかってしまいます。
だったら乗り換えようか、新しい車の方が・・・という
考えになってくるわけですね。

でも実際は10万キロを超えたからといって
その車が乗れなくなるわけではありません。
海外では30万キロを超える車が普通に取引されていると言いますし
アフリカなどでもかなり古い日本車が走っていたりします。
テレビで「日本車は丈夫で良い」という人もいますよね。

しっかりメンテナンスをすれば10万キロを超えても
まだまだ走れるのです!


◆購入するときは
10万キロを超えても走れるのはわかるけど
どのくらいの走行距離なら買ってもいいのか。
走行距離が10万キロを超えている車を買って
これから乗るとなるとさらに走行距離が伸びます。
いろいろと状態のチェックを忘れずにすれば
15万キロくらいまでなら購入を検討しても良さそうです。

走行距離が多いほどメンテナンス状態が悪かったりすると
故障しやすいなどリスクは多くなります。
自分の好みや状況に合わせて購入を検討して下さい。