自分にとっての“お買い得”を見つける

中古車を買うときに限らず新車でも
できれば少しでも良い物を安く買いたいですよね。
新車と違って中古車は同じ車種でも
価格はそれぞれ違います。

もちろん、状態や走行距離によっても価格は違うのですが
中古車の価格はどのように決められているのでしょうか。


◆人気によって決まる
中古車の価格を決める要素のひとつが人気です。
人気がある車は高くても買ってもらえるので高くなり
人気がない車は高いと買ってもらえないので安くなります。


◆同じ性能でも
同じ性能のミニバンでもA社、B社、C社では
A社の方が人気があるとA社のミニバンが
B社、C社に比べると高くなります。

メーカーにこだわりが無ければ
B社、C社の車を選べばお買い得ですね。


◆同じ車種でも
車種が同じでもマイナーチェンジ前の方が
年式が古くなるので、その分安くなります。

シートの色やデザインなど少しの差が
気にならなければお買い得ですね。


◆色でこんなに
ボディの色でも白や黒は人気があるけど
赤は人気がないからと安くなっていたりすることも。
時には色によって50万円もの差が!

人気のない色でも気にならないならお買い得ですね。


デザインや色など好みがありますが
これなら気にならない、こっちの色の方が好きという
ところがあればラッキー!
自分の好みや気にならない部分を見つけて
自分なりの“お買い得”ポイントを見つけることも
中古車を安く購入するコツですね。