認定中古車とは?

中古車には「認定中古車」と言われる中古車があります。
文字通りディーラーが「認定」した「中古車」なのですが
普通の中古車と何が違うのでしょうか。


中古車をリフレッシュ
ワンオーナー車、走行距離が少ないかどうかなど
状態の良い中古車を点検しリフレッシュされた中古車は
認定中古車となります。


しっかり点検!
多いところではなんと100項目以上の点検をして
消耗品の交換もする事があるそう。

車検のときの点検項目は56項目ですから
倍ほどの厳しいチェック項目があるんですね。


値段は高め
厳しくチェックされた認定中古車は
その分、普通の中古車よりも価格は高くなってしまいます。
その分長期保証がついていたりして
安心できると言えるかもしれません。


高めで買っても
価格の高い認定中古車を買ったから
必ず故障しないとは限りません。
しっかり点検をしたと言ってもやっぱり中古車ですから
長く乗られている分、故障の可能性は新車よりもあるでしょう。


認定中古車は普通の中古車よりも高めですが
その分しっかり点検されていて長期保証がついていることも。
少し高くても保証がついていたら故障したときも安心ですよね。

普通の中古車でも状態が良ければお得に買うことができますし
認定中古車は少し高くなってしまいますから
同じ車種でも認定かそうでないかで予算オーバーしてしまう
こともあるかもしれません。

安心なのは認定中古車ですが、故障しない保証はないので
そこには注意して購入を検討して下さいね。