中古車の事故歴の問題点は?

中古車を購入する時に気になる
『この車は事故車ではないか』
事故車だったら、どんな修理をしているのか。
事故歴があったらどういう問題があるのでしょうか。


事故車のどこが問題?~心配な所~

ボディの塗装状態が悪く、部分的に異なっていたり
ドアのたてつけが悪い

見た目が悪くても乗れれば問題ない人には
塗装は気にならないかもしれませんが
たてつけの悪さは毎回乗るたびに感じるなら不便ですよね。


また事故をしたら・・・ボディは大丈夫?
修復した所と同じ所をぶつけてしまったら・・・
強度が心配になりますよね。


売るとしたら査定価格が下がるかも
事故をしたことがない車より
修理をしたことがない車より
事故をした、修理をしたとなれば査定価格も下がってしまいます。


どう修理されたのか、判別が難しい
ガラスが割れて交換したとかわかりやすい修復箇所もあると思いますが
専門的な部分だと素人には判別が難しい場合も。


ちゃんと修理されたなら
事故車でもちゃんと修理された車なら問題ない。
そして修復歴を騙していなければ。

例えば実際には5ヶ所修理した箇所があったとしても
修復歴を1ヶ所にして修復歴を騙して
「事故車だけど、そんなに問題ない車」に見えるように
実際の修復歴を隠して売る業者もいなくはない。

修復歴がどうか、詳しいことはぱっと見ただけで
素人が詳しいことを判別するのは難しい。
だからなるべく中古車でも
事故車ではない車を選びたいという人もいると思います。


良く考えてみれば
ポールにぶつけた跡がある車、傷や大きな凹みがある車
走っているのを見たことがありませんか?
同じ車を長く乗っていれば、見ただけではわからない箇所も
修理して乗っていますよね。
それと同じではないでしょうか。

とはいえ、同じ事故車でも自分で事故して修理した車と
どういう状況で、どんな修理をしたかはっきりわからない
中古車では違うという人もいるでしょう。

事故車が嫌なら他を探すしかないですが
ちゃんと修復歴が分かって納得できるなら
修復歴がある車を購入しても良いのではないでしょうか。